2010年04月27日

四国の鉄道の体力

昨日、香川県高松の「かがわ国際会議場」で行われた、

『四国における鉄道ネットワークのあり方に関する懇談会』

というちょいと苦手な堅苦しい会に参加してきました。

会場は立派、椅子も立派、マイクも立派・・・。

なんかスゴイとこやった。

100426KAGAWA 002.jpg


ご列席の皆々様は、

四国四県の知事を始め四国経済連合会会長・四国商工会議所連合会会長・

四国地方交通運輸産業労働組合議長・大学教授の方々・

四国の経済産業局、地方整備局、運輸局の各局長・

四国旅客鉄道株式会社社長・四国鉄道橋会会長・

マスコミ関係では共同通信高松支局長・そしてNPOでは新町川を守る会理事長・・・・

なんと、私を除いて全員男性でした!!



常日頃からワークショップ講座などでは、

「ばっかりよりバラバラ、性別や肩書きのあるなし年齢層なども、

   できるだけまぜこぜにして多様な意見を集めよう」


と呼びかけているのですが、

まぁ性質が違うとは言えこうも見事に「ばっかり」の世界はある意味新鮮わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ワークショップの対極にあるような雰囲気を楽しんできました手(チョキ)

100426KAGAWA 001.jpg

それにしても、「四国各界の有識者」が20人も集まって、

わずか2時間で「多様な視点から検討する懇談会」ができるはずもなく。

今回は1回目という事情もあり、最初の一時間は説明に費やされました。

残り1時間しかありません。

「一人持ち時間3分でご意見を」で言いきれんかったことを書き連ねます。


まず、資料説明にあった「四国の輸送密度の低さ」について。

・・・当ったり前やんか、そもそもの人口密度が違うし。

こんなことを今更数値化することに大きな意味があるがやろうか?

むしろ何年も前から予測できちょったろうって話。

などと素人の私はきょとんとするばかり。


「都会への3時間到達圏域」にしたって、

四万十十和じゃそれを逆手にとって

「はるばるようこそ」とキャッチフレーズにするしたたかさを持っちゅうのよ。

圏内に入ってないことがマイナスって考え方に縛られん方がえいと思うに。


人がどっさりおる都会とデータを比べ、低い低いと嘆いてどうするよ。

むしろ四国にしかない良さを、新しい価値観を見出す方にエネルギー使おうよ。


危機ばっかりを訴えると人の心は離れる。

中心商店街にしてもそう、公共交通だってそう、一次産業だってそう。

夢を語る体力を無くしたらおしまいやき!


鉄道でしか味わえない魅力はきっとどっさりあるはず。

地方にしか演出できん魅力は必ずあるがやき。

鉄道に乗ることそのものを目的にしたり、

駅そのものが目的地になる、そんな観光資源としての可能性やって

もっともっと高められそうに思う。



それらを企画するには“アソビゴコロ”が必要になってきますが、

どうもそのゆとりが感じられんがよね〜。

アソビゴコロはアイデアを呼び寄せることができるのに。

知恵の集積を図ることだってできるのに。


ともかく、だ。

運転免許を持ってない私にとって、

公共交通は大切な移動手段なわけで。

心の底から「どうにかせな」と思うちょります。


ランキングへのご声援クリック大歓迎揺れるハート
人気ブログランキングへ 
ポチッとご協力をお待ち申し上げております手(チョキ)


posted by 智子 at 14:34| 高知 ☔| Comment(8) | TrackBack(2) | 委員会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、こんにちは。ツイッターで
「危機ばっかりを訴えると人の心は離れる」
を見て参りました(笑)
私は秋田県秋田市新屋というところで
まちづくりNPO新屋参画屋という団体の平会員として(笑)
まちづくりに片足つっこんで勉強してます。
私もつまんない会議は嫌いです(笑)
こうなったら面白いんじゃない?を実現できるように
やっていきたいな〜と思ってます。
突然のコメント失礼しました。
又遊びに来させていただきます。

佐々木
Posted by 佐々木展(のぶ) at 2010年04月27日 16:37
■佐々木展さん
ツイッターからようこそ♪
ブログのプロフィールを見て確認したんですが、
私がまちづくりに足を突っ込んだのと同い年ですね(笑)
つまんない会議が苦手でワークショップと出会い、
そして今に至る♪
フレー、フレー、遠く高知から応援してますよぉ〜!
Posted by 智子 at 2010年04月28日 00:14
んだんだ。
危機危機不況不況いうて自家中毒になってるんで困る。
不況だ不況だってその実感をあまりおいらは感じたことないんだけど、
結局それでみんな金を使わなくなってマジ不況になったらシャレにならん。

ぜひひとつ「駅弁復興」も入れてください。

しかしJR四国は国鉄時代のまんまの高値料金をひきずってるんで、
これってどうにかならんのですかねえ。
ブルートレインとか全滅したのって、ライフスタイル云々というよりあまりに高いその料金に問題があったと思うんですよね。フツーのホテルがどんどん値段下がって行きつつ部屋もグレードがあがっていくのに、B寝台に関してはグレードも変わらず値段も変わらずで、結果的に前日に飛行機で行ってホテルに入った方が安いということになってしまった。
ソフトだけでなく、なんかそういう根本のところもどーにかなったらなあ。
JR九州とかはそこらへんがちょっと巧いですわね。肥薩線の特急や「はやとのかぜ」とか。
Posted by タケムラナオヤ at 2010年04月28日 01:22
■タケムラナオヤくん
自家中毒(笑)言いえて妙、って感じやね^^;
とにもかくにも、
高知駅の魅力アップについて、
この連休は語りましょう♪
Posted by 智子 at 2010年05月01日 22:50
オイッス。
空港は任せました!
Posted by タケムラナオヤ at 2010年05月01日 23:09
■タケムラナオヤくん
げっ。
任されちゃったのか???
まぁいい、大丈夫。
空港は既に20人近い態勢^皿^V
Posted by 智子 at 2010年05月01日 23:19
”何年も前から予測できちょったろう”って事に何の対策もしないで、現状維持を続けた結果が今回の会議ってことですよ。そして、国からカネもらって、もう少し現状維持するための会議でもあったわけですね。現状維持を決め込むために、危機感を煽っているだけで、ホントは危機感なんてないのですよ。危機感があれば、経営安定化基金の積み増しなんかで乗り切れるって結論になるわけないですよね。
Posted by スロー at 2010年10月28日 12:59
■スローさん
2回目の会議には残念ながらどうしても都合が付かず出席できませんでした。
翌日の新聞読んでちょっとビックリ&ガッカリ^^;
落としどころはやっぱりそこなのか、と。
むむむむ・・・消化不良おこしたような気分。
Posted by 智子 at 2010年11月09日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

駅弁復興プロジェクトと帯屋町100人隊
Excerpt:  とにかく最近思いついたらやってみる手だてを考えるようにしよーと思ってる。ひとつがこの秋に帯屋町で開催するyummydanceの100人隊(超仮称)。こちらは中学時代に元気が出るテレ..
Weblog: タケムラログ
Tracked: 2010-05-01 23:41

次なる企画。yummydanceと100人パフォーマンスin帯屋町。
Excerpt: 土佐駅弁学会のフォーラムも無事終了。さて、次なる企画は10月24日に待ち受ける。帯屋町のマクドナルドやメガネのクスノセを勃発点に、帯パラや中央公園までのアーケードを舞台にのべ100人のパフォーマーがや..
Weblog: タケムラログ
Tracked: 2010-07-29 11:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。