2015年01月25日

地域と学生が繋がるサミット

高知工科大学の学生が企画した、

「地域と学生が繋がるサミット」


こちらが主催者である高知工科大学マネジメントチャレンジチームの6人です。

10372190_665969500179089_3300947382491196015_n.jpg



今回取り扱われたテーマが、

高知県が進める「集落活動センター」を主とする地域活動だったこともあり、

私は県からのアドバイザー派遣という立場で、サポートに行ってきました。

(打ち合わせ段階の様子は→こちらのブログ記事


朝9時半に会場となった「ほっと平山」体育館に集合して設営作業。

10942457_665969506845755_5646058404087197366_n.jpg


この場所に地域交流施設関係者や行政職員、

県内3大学の学生など約60名が集まりました。

10923476_665969516845754_6760372955273588554_n.jpg




まずは活動紹介から。

*奈半利町「米ヶ岡生活体験学校」

*安田町「せせらぎの郷」

*安田町「集落活動センターなかやま」

*香美市「ほっと平山」

*大豊町「学校に泊まろう!みどりの時計台」

*本山町「汗見川ふれあいの郷 清流館」

*安芸市「畑山創作の里」



以上7つの報告に続いて、

県内3大学の活動報告。


*高知県立大学「活輝創生実行委員会」

*高知工科大学「ココイコ!プロジェクト」

*高知大学「ホタル飛ばしたいプロジェクトほか」




それぞれの発表者に登壇いただいてのトークセッションを進行しました。

IMG_9412.JPG




地域は学生に何を求めているのか

大学の得意技は何か







10392462_665969513512421_5099866763120197497_n.jpg


単に「行きたい」「来て欲しい」と言い続けるだっけより、

お互いプロポーザルし合った方が素敵なマッチングが生まれるんじゃないろうか。


今回は40分という限られた時間だったので、

「思い」を発言しあうばぁしかできんかったけんど、

より具体的なリクエストを発信しあえる仕組みが育つといいな。



何しろ3大学の学生・教員合わせたら10,000人ものマンパワーって強力!!

工科大のアンケート調査によると、

地域活性化に興味があると答えた学生は51%もいるのです。


県内の学生たちの半数が地域で活躍

・・・・・想像しただけでワクワクしますね♪



この後は実行メンバーの学生がそれぞれのグループでファシリテーターを務めるディスカッションタイム。

事前打ち合わせ段階では、

「地域における大学のあり方」

「地域に何故学生が入りにくいのか」

「施設側の情報発信方法と若者の受信態勢」

「冬場の利用促進策について」

「空き家を活用した学生向け移住プラン」

「次世代に引き継ぐ活動のあり方とは」


などのテーマを、それこそ当日の朝まで徹夜して考えていたそうです。


けんど、わずか30分のディスカッションタイムで取り扱うには、

テーマが大き過ぎはしない?

趣旨説明に時間を食うよ?

参加者に自由に語り合ってもらう時間にしては?


とアドバイス。


ただしファシリテーターそれぞれが「課題」を見据えて取り組むのはとっても大事なこと。

徹夜して考えたことは決して無駄じゃない、

きっとディスカッションが膨らむよ!


と勇気づけたのでした^^v



予想を上回る参加人数だったので、急遽1グループ増設、

私も助っ人でファシリテーターを務めました。

10417637_665969640179075_902781966953652559_n.jpg


このチームではメンバーのお一人からいきなりの問いかけ、

「そもそも本気で地域と繋がりたいと思っているのか?」

単位が取れるからとか、そんな軽い気持ちで関わってる学生も多いんじゃないのか、と。

これはめっちゃ刺激的でいい質問だ!



学生らは答えました。

「イベントでも授業でもきっかけは大事。

          “知る機会”が必要なのだ」


10888512_665969503512422_3613328667042848303_n.jpg

大学にとっては「授業プログラム」なわけで、

ひとつのきっかけから歩みを進めて地域で学びを深めて欲しい。


大学と地域、互いが志を響かせあって変革を進める関係を紡ぎたいと、

県立大のセンセイは熱く語ったのでありました!

10941022_665969510179088_1888729162058865469_n.jpg



その他6チームのディスカッション内容もそれぞれに興味深いものでした。

今後行われる学生たちの最終合宿でまとめられるようなので、仕上がりが楽しみ♪




「地域共生概論2」を担当する渡邊法美教授からまとめの言葉。

10940525_665969493512423_2164225734486026490_n.jpg




さらに授業をサポートした「いなかパイプ」のレオくんからも一言。

10410687_665969620179077_7144717193795800788_n.jpg




最後に学生たちから感謝の言葉で締め!!

10313594_665969626845743_7214648091556828350_n.jpg


最初に出会った時にはどーなるもんか(失礼^^;)と心配したけんど、

ホンマに一回りも二回りも逞しく成長したように感じられます。

今回のサミット開催という経験だけで、こんなにも変わる。

学生の伸びしろはまっことスバラシイぴかぴか(新しい)


今後もいろんな地域でぐんぐん伸ばしてって欲しいものです!!

10945518_665969790179060_9083060213900982292_n.jpg



1万人のマンパワーにも期待を込めて、
熱いクリックぷり〜ず♪

四国人気ブログランキングに参加してます^^v


posted by 智子 at 13:18| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。